メディア教材で時間を有効活用

メディア教材で時間を有効活用

ここまで講義DVDで簿記の勉強をすることのメリットについてお話ししてきました。このページではメディアを使って効率良く勉強を進めるという視点から、講義音声の利用についても触れておきたいと思います。

簿記試験の対策に、講義DVDを使うのは非常にお薦めです。ただし講義DVDにも難点はあります。それは勉強する場所(つまり時間も)制約されてしまうことです。
もちろんスクールの教室へ通うことに比べたら、DVD学習は自由度はずっと高いのですが、それでもパソコンで映像を見る場所はかぎられます。

喫茶店や公園にノートパソコンを持ち出して「どこでも勉強できます」というのは、広告ぽくって格好良さそうですが、実際にやってみると落ち着きません。
映画を観るわけではないですので、ノートパソコンかデスクトップかにかぎらず、講義DVDで簿記を勉強する場所は、やはり自宅に限定すると考えた方が無難です。

時間と場所を選ばず、映像を「思い出す」。

フォーサイトほかの通信講座では、講義音声も提供している学校が少なくありません。そしてフォーサイトの講義音声には、講義DVDの内容が音声のみで収録されています。これをiPodなどメディアに落とし持ち歩いて、はじめて、「いつでもどこでも勉強できます」といえます。

自宅で基本テキストと講義DVDを使って学習した内容を、いつでもどこでも「復習」できるのです。こうなると喫茶店や公園はもちろん、ぎゅうぎゅう満員の通勤電車の中さえもが、格好の勉強の場・勉強時間帯に変貌します。

講義DVD(予習)→講義音声(復習)の効果は、「映像を見ないで勉強すること」にあります。どういうことかというと、試験の勉強にかぎらず、「記憶は思い出す努力をすることでより鮮明になる」ということです。覚えた内容を、なるべく見ないで思い出すことが大事なのです。

過去問を解く勉強も、テキストで覚えた内容を見ないで、記憶を頼りに解きますよね。講義音声での学習は、まさにそのような作業を、機械を使って自動的に行うことです。
もちろんテキストもDVDも講義音声も何にもなくても、思い出す努力は、時間さえあればどこでもできます。しかし、講義音声を使うとそのことがずっと容易になるのです。

ちなみにフォーサイトの講義音声は、基本テキストだけではなく問題集も音声になっています。それこそ手ぶらで公園で勉強できます。
隙間時間を活用する最強の武器が、講義音声のみでの学習です。

迫力あるコンテンツと高合格率で定評ある簿記DVD情報→http://www.foresight.jp/boki/

次のページ >>